NEDO SILICON VALLEY
408.567.8033

nedosvo

NEDO Silicon Valley News Vol.12
Date: June 7, 2016
|
Posted by:

NEDO exhibited at CEM 7 showcase On June 1st and 2nd, NEDO exhibited at the “Startups & Solutions” showcase in collaboration with the 7th Clean Energy Ministerial.  CEM 7 brought together ministers from 23 countries and the European Communities to discuss the future of clean energy policy. Our booth demonstrated innovative thermal storage developed by […]

Read more
2016年3月
Date: April 25, 2016
|
Posted by:

【スマートグリッド】 SolarCity社は、ハワイ州の家庭部門の新規顧客向けに、Smart Energy Home Packageの販売を開始した。このパッケージには、太陽光発電、エネルギー貯蔵システム、スマート電気温水器、そしてNest社のサーモスタットが含まれている。エネルギー管理システムを用いて、各コンポーネントの利用最大化、および最近実施されたネットメータリングルールの変更に対応するためのグリッドへの電力供給停止を自動的に行うことができる。ハワイ州公共事業委員会(Hawaii public Utilities Commission)は2015年に同州のネットメータリングプログラムを終了し、その代わりとして太陽光発電向けに2つの電気料金制度を新しく採用した。この新しいプログラムはCustomer Self Supply(自家消費)プログラムと呼ばれ、グリッドへの電力供給に対応できるよう設計されていないルーフトップソーラーを所有する消費者を対象としている。   プレスリリースの詳細は以下リンクを参照:http://www.solarcity.com/newsroom/press/solarcity-launches-smart-energy-home-hawaii

Read more
2016年2月
Date: March 25, 2016
|
Posted by:

【政策・規制】 米国最高裁判所が、クリーン電力計画(CPP)の執行を延期する命令を下したが、これは発電所から排出される温暖化ガスを削減するというオバマ大統領が掲げた目標への妨げとなりうる。CPPに対する法的異議申し立てでは、米環境保護局(EPA)には発電所の排出に関する規制を行う権限がなく、各州にその権限が委ねられている、と主張されていた。今回最高裁は、下級裁判所が本件に関して結論を下すまではEPAが本規制を執行できない旨の決定を5対4の結果により下した。CPPでは、2030年までに温暖化ガスを2005年比で32%削減するため、石炭の使用を削減することが義務づけられており、再生可能エネルギーと天然ガスが推進されるよう計画されている。 http://www.bloomberg.com/politics/articles/2016-02-09/obama-s-clean-power-plan-put-on-hold-by-u-s-supreme-court

Read more
NEDO Silicon Valley News Vol. 11
Date: February 18, 2016
|
Posted by:

NEDO Silicon Valley News Vol. 11 This issue of focus NEDO features an interview with Chairman Kazuo Furukawa who was reappointed to a second term in October 2015. Chairman Furukawa discussed his thoughts on achievements during his first term and his vision going forward. Additional articles include highlights from the second annual Innovation for Cool […]

Read more
2016年1月
Date: February 8, 2016
|
Posted by:

【再生可能エネルギー】 CPUCはAB327に基づき、ネットメータリング(NEM)における現在の制度を引き継ぐ新しい料金制度を採用した。ルーフトップソーラーを設置する消費者は引き続き、グリッドに送り戻された余剰発電分を小売レートにて買い取ってもらうことができる。NEMプログラムにおける2つの大きな変更点は、その一つは、支払いが一回限りである$75-$150の「相互接続費用」が発生することである。もう一つは全消費者に支払義務のある「最低基本料金(non-bypassable charges)」が発生する点である。NEMに参加する消費者は、余剰発電量にかかわらずこれらの費用を支払わなければならない。この新しいNEMプログラムは、既存プログラムへの参加が上限に達するか、2017年7月1日のどちらか早い時期に施行され、新規のNEM参加者が対象となる。CPUCは2019年にプログラムの再検討を行い、必要に応じて変更を行うと見られる。 http://docs.cpuc.ca.gov/PublishedDocs/Published/G000/M158/K181/158181664.PDF

Read more
NEDO Silicon Valley News Vol. 10
Date: February 8, 2016
|
Posted by:

NEDO Silicon Valley News Vol. 10 Chairman Furukawa Speaks at VerdeXchange 2016 in Los Angeles, CA On January 25, NEDO Chairman Kazuo Furukawa spoke at the 9th annual VerdeXchange 2016, an international environment conference held in Los Angeles, California. He took part in a panel made up of distinguished members including California Air Resources Board […]

Read more
2015年12月
Date: January 21, 2016
|
Posted by:

 スマートグリッド Panasonic社はコロラド州のデンバー市に、エネルギー効率化、水資源の保全、公共安全やヘルスケアサービスの強化を行うためのスマートシティー関連技術を提供すると発表した。プレスリリースでは、「同市のインフラに組み込まれたスマート技術によって、人々は電力事業や公共交通機関等のサービスに関する情報に簡単にアクセスすることができるようになる。加えてこの応答的なインフラは、街灯やエネルギーシステムといった都会のスマートインフラを劇的に進化させ、人々の動きを感知、応答し、必要に応じてサービスを提供できるようになる」と説明されている。Panasonic社は、地域の電力会社であるXCEL Energy社と協働し、1.3MW ACのソーラーカーポートシステムと1MW/2MWhのエネルギー貯蔵システムからなるマイクログリットの構築に取り組む予定であり、同プロジェクトには、デンバー国際空港も参画する。 http://shop.panasonic.com/about-us-latest-news-press-releases/ces2016-smart-city.html?tab=press&start=0

Read more
2015年11月
Date: January 21, 2016
|
Posted by:

 スマートグリッド 太陽光発電協会(Solar Electric Power Association)と米国電力研究所(EPRI:Electric Power Research Institute)が発表した報告書では、広範囲でのルーフトップソーラーの浸透を推進するために電力会社が設置するスマートインバータに関する調査結果が示されている。Hawaiian Electric Company (HECO)社、Arizona Public Service (APS)社、Pacific Gas & Electric社、Salt River プロジェクトの4つの個別案件が詳細に記述されており、主要結果は以下の4項目である。 UL1741、IEEE1547、カリフォルニアのRule21などのスマートインバータに関する標準規格が技術革新のスピードに追いついていない。 スマートインバータの高機能を比較的低コストで備え付けることができる。周波数や電圧変動時の運転継続機能、ランプ率(ramp rate)制御、力率を一定にする機能(fixed power factor function)といったインバータの自律化に関する最新機能が4つ全てのプロジェクトで活用されている。 導入費用の高さから発電所の通信ネットワークには限りがあり、スマートインバータの有益な機能の活用が遅延している。 スマートインバータの本格展開には十分な時間が必要である。給電線が最も混雑しているハワイ州でも、ハワイ電力公社は効果的な設置を保証するために、利害関係者との間の必要な手順を踏んで導入に取り組んでいると報告書に記載されている。

Read more
NEDO and State of California signed MOU to conduct Smart Community Demonstration Projects
Date: December 16, 2015
|
Posted by:

NEDO and the State of California Governor’s Office of Business and Economic Development (GO-Biz) have signed two memorandums of understanding in order to implement smart community demonstration projects in California.     For the full PDF, click here for the Energy Storage PDF and here for the EV Project,

Read more
Japan – U.S. Island Grid Project in Maui
Date: December 16, 2015
|
Posted by:

As a result of a top level agreement between President Obama and then Prime Minister Hatoyama in 2009, this clean technology collaboration project for the two islands of Hawaii and Japan came to fruition. To read the full PDF, click here.

Read more