NEDO SILICON VALLEY
408.567.8033

August 2018

2018年度 第5号
Date: August 23, 2018
|
Posted by:

気候変動関連      2016年のカリフォルニア州の温室効果ガス排出量が、1990年の排出量を下回る。   カリフォルニア州大気資源局(CARB: California Air Resources Board)は、同州の2016年の温室効果ガス排出量が1990年の排出量を下回ったことを発表した。AB32では、1990年の温室効果ガス排出量(431Mトン)を2020年までに下回るという目標が設定されていたが、当該目標を数年前倒しで達成する結果となった。年間の温室効果ガス排出量(annual GHG inventory)については、同州の温室効果ガス排出権取引プログラム(cap and trade program)の対象となっている企業が作成した報告書のデータを集めて算出されており、検証に2年間を要する。CARBの報告書のハイライトは以下の通り。 2016年の温室効果ガス排出量は429Mトンで、ピークとなった2004年より13%削減されたこととなる。2004年から2016年の同期間でカリフォルニア州の経済は26%成長している。 一人当たりの排出量は、ピークとなった2001年の14トンから2016年の8トンまで23%削減されており、全米平均のおおよそ半分であった。

Read more
NEDO Silicon Valley News Vol. 41 – Japanese Pitch Night – Summer 2018 by NEDO and Silicon Valley Forum
Date: August 6, 2018
|
Posted by:

NEDO and Silicon Valley Forum held Japanese Pitch Night on July 26 at Galvanize in San Francisco. Japanese entrepreneurs, who recently completed a three-week training program in Japan and Silicon Valley, pitched their technologies and businesses to investors and corporations, aiming to raise funds and seek collaborative opportunities. The event included a panel discussion on […]

Read more
2018年度 第4号
Date: August 6, 2018
|
Posted by:

グリッド計画 ハワイ電力 (HECO: Hawaiian Electric Companies)は、グリッド近代化戦略(GMS: Grid Modernization Strategy)のフェーズ1実行に関する承認申請を同州公共事業委員会(PUC: Public Utilities Commission)に対して行った。当該GMSのフェーズ1で開発が始まる項目は以下の通りである。

Read more
2018年度 第3号
Date: August 6, 2018
|
Posted by:

エネルギー貯蔵システム     HECOが大規模なエネルギー貯蔵システム構築に向けて当局へ承認申請   ハワイ電力会社(HECO: Hawaiian Electric Company)は、次の2件の発電所規模のエネルギー貯蔵システムを構築するプロジェクトについて、当局への承認申請を行うと発表した。   米国海軍から借地しているWest Loch Naval Annexにおける20MWの太陽光発電プロジェクト向けに、20MW/80MWhのエネルギー貯蔵システムを設置するプロジェクト。この総額$43.5Mのプロジェクトの目的は、夕方の電力需要がピークになる時間から夜にかけて、従来型の電源である石油火力発電への依存を緩和し、化石燃料の使用量を減らすことで炭素排出量を削減することである。   Campbell Industrial Park 発電施設に、100MW/100MWhのエネルギー貯蔵システムを設置するプロジェクト。システムコストは概算で$104Mであり、オアフ島の電力系統向けに緊急時対応や予備の調整力として使用する。

Read more