2018年度 第1号
Date: May 15, 2018
|
Posted by:

グリッド計画   CPUCが2030年の温暖化ガス削減目標を達成する新たな計画(IRP: integrated resource planning)を採用   カリフォルニア州公共事業委員会(CPUC: California Public Utilities Commission)は、2030年の温暖化ガス削減目標を達成するための統合資源計画(IRP: integrated resource planning)を採用した。IRPは以前の長期調達計画フレームワーク(Long Term Procurement)に代わるもので、2年サイクルで構成されている。1年目は、電力部門の温暖化ガス排出目標を分析し、電力系統における最適な電源の組み合わせを決定する。2年目に、CPUCが小売事業者(load serving entities)の計画を確認し、温暖化ガス削減目標を達成できるよう電源の調達を承認する。CPUCは電力部門における温暖化ガス目標について、2030年までに42MMTという数値を採用しているが、これは2015年比で50%の削減、1990年比で61%の削減となる。42MMTという数値目標を達成するためには、既存の政策に加えて新たなアクションを取る必要があり、また再生可能エネルギー利用割合基準(RPS: Renewable Portfolio Standard)は目標値50%を上回る53-57%を2030年までに達成する必要が出てくる可能性がある。CPUCは当該計画の全体的な方向性を示すため、2030年において推奨される発電源の組み合わせに関する情報を提供しており、これには10,200MWの新たな需要家サイドにおける再生可能エネルギーと、(すでに義務付けされている1,325MWとは別に)2,000MWのエネルギー貯蔵システムが含まれている。下図にはLSE(小売事業者)が達成すべき新たな容量要件が示されている。

Read more