2018年度 第4号
Date: August 6, 2018
|

グリッド計画

  • ハワイ電力 (HECO: Hawaiian Electric Companies)は、グリッド近代化戦略(GMS: Grid Modernization Strategy)のフェーズ1実行に関する承認申請を同州公共事業委員会(PUC: Public Utilities Commission)に対して行った。当該GMSのフェーズ1で開発が始まる項目は以下の通りである。

    • 双方向通信が可能な先進メーター(スマートメーター)
    • メーターから得たデータを収集し蓄積することができるメーターデータの管理システム
    • 先進メーターと、配電網の監視・制御・自動化を行う屋外装置(field devices)の両方をサポートする通信ネットワーク

 

ハワイ電力によると、このインフラ整備によって、信頼性向上や再生可能エネルギーの統合につながり、消費者が選択できる電力オプションや、デマンドレスポンス、時間帯別電力料金、分散電源、電気自動車といった電力会社のプログラムを拡大することが可能となると見込んでいる。ハワイ電力は、フェーズ1の期間を2019年から2023年とし、コストを$83.6Mとすることを提案している。ハワイ電力は、「 先進型配電マネジメントシステム(Advanced Distribution Management System)」を導入するフェーズ2の承認申請を2019年第1四半期に行う予定。下図に、GMSの概要が示されている。

 

フェーズ1の承認申請全文については、以下のリンク参照:

https://www.hawaiianelectric.com/Documents/about_us/our_commitment/20180621_grid_mod_strategy_application_filing.pdf

 

エネルギー貯蔵システム

  • コロラド州のJohn Hickenlooper州知事は、電力会社各社がエネルギー貯蔵システムを調達するための仕組みを、同州公共事業委員会に構築するよう指示する法案への署名を行った。作成期限は2019年2月1日で、当該エネルギー貯蔵システム調達プロセスには、電源の統合、信頼性の向上、ピーク電力の削減、インフラ投資の繰り延べなどのメリットを含む必要がある。ルール作成後、2019年5月1日までの間に、電力会社各社は、15MWを上限として、電力料金収入を資金源とするエネルギー貯蔵システムプロジェクトの申請を行うことが可能となる。
  • Energy Storage Procurement Actの詳細は以下のリンク参照:https://leg.colorado.gov/sites/default/files/documents/2018A/bills/2018a_1270_signed.pdf

 

  • PG&E(Pacific Gas & Electric)社は、4件で計5MWのエネルギー貯蔵システムプロジェクトの承認申請をカリフォルニア州公共事業委員会に提出した。公共事業委員会は1月、地域の信頼性ニーズに対処するため、エネルギー貯蔵システムプロジェクトの要請を早めることを公表したが、今回の承認申請は、これを受けて行われたものである。4件のプロジェクトのうち1件は、電力会社が所有し、テスラ社のバッテリーを用いた182.5MWの大規模設備(transmission level)である。その他のプロジェクトは、第三者所有設備であり、うち2件は大規模(transmission level)なシステム、残りの1件は10MWのアグリゲートされた需要家側設置システムである。当該4プロジェクトの詳細は以下の表のとおり。

 

今回の申請が承認されれば、最初のプロジェクトは2019年末に稼働が始まり、その他のプロジェクトも2020年末に稼働が始まる。本件の詳細については以下のリンクを参照:

https://www.pge.com/tariffs/assets/pdf/adviceletter/ELEC_5322-E.pdf

 

 

電気自動車

  • 米9州の連合は、各州でのゼロエミッション車(ZEV)の採用拡大を支援するため、2018-2021年を期間とする新たな「複数州ゼロエミッション車実行計画 (Multi-State Zero Emission Vehicle Action Plan)」を公開した。当該実行計画は、カリフォルニア州及び同州のZEVプログラムを採用している7州の州知事が署名した2013年の覚書に基づいて作成され、2014年に「複数州ゼロエミッション車タスクフォース(Multi-State ZEV Task Force)」によって初めて公開された。カリフォルニア州の他、コネチカット州、メリーランド州、マサチューセッツ州、ニューヨーク州、オレゴン州、ロードアイランド州、バーモント州が参加している。今年5月には、ニュージャージー州が9番目の参加州となった。下図に示されているように、当該9州では2011年以降ZEVの市場が継続拡大しており、2017年末のZEV登録車数は50万台近くに達している。

 

今回更新された実行計画は、初版公開後の成果を踏まえているが、今後さらにZEVの採用を拡大することが急務であると示されている。新たな計画では、80の最優先事項を、各州政府、自動車メーカー、充電や水素燃料補給のインフラ企業、電力会社、ディーラー、その他のパートナーに推奨している。例えば、各州政府に対し、EVインフラやネットーワークに関して、自動車メーカーと連携して電気自動車のキャンペーンを行い、パートナーを増やすことや、自動車メーカーに対し、車両の供給プロセスを合理化してZEVの供給能力を上げることなどを推奨している。

 

当実行計画の詳細については以下のリンク参照:http://www.nescaum.org/documents/2018-zev-action-plan.pdf/

 

 

 

再生可能エネルギー

  • カリフォルニア州公共事業委員会(CPUC: California Public Utilities Commission)は、カリフォルニアソーラーイニシアチブ(CSI: California Solar Initiative)の進捗に関する報告書を公表した。2007年に開始された当イニシアチブは、需要家側に1,940MW分の太陽光発電を設置し、補助金に頼らない自立的な市場への移行を促すことを目的としている。下表には、CSIに含まれる各プロジェクトのコスト及び目標が示されている。

 

 

今回の報告書に示された主な事項は以下の通り。

  • 1993年から2017年において、787,531の需要家に対し計6,725MWの太陽光発電が設置され、そのうち6,228MWは大規模私営電力会社(IOU: investor-owned utility)の管轄地域に設置された。需要家へ設置されたシステムの97%はネットメータリングプログラムに登録された。
  • 2017年に大規模私営電力会社管轄地域に設置された太陽光発電の容量は1,262MWで、2016年より8%減と2014年以降初めて減少に転じたが、この点についてCPUCは、要因を断定するには時期尚早と考えている。
  • 2007年から2018年第1四半期の間に設置されたシステムの平均コストは、10kW未満のシステムでは$9.61/wから$4.49/wと1%減少、10kW以上のシステムでは$9.46/wから$3.72/wと60.1%減少した。
  • CSI(California Solar Initiative)のGeneral Market solar programは、2016年12月31日に新規申請の受付が締め切られているが、目標の1,750MWは2016年末までに達成しており、2017年末の時点で1,891MW分が設置されている。

 

 

当該報告書(California Solar Initiative Annual Program Assessment Report)の全文は以下のリンク参照:http://www.cpuc.ca.gov/uploadedFiles/CPUC_Public_Website/Content/Utilities_and_Industries/Energy_-_Electricity_and_Natural_Gas/Energy_Programs/2018%20CSI%20APA_FINAL.PDF

 

 

 

これから開催されるイベント

  • Pathway to 2050

期間:2018年8月8日

場所:カリフォルニア州サクラメント

主催者:The Advanced Energy Economy (AEE) Organization

URL:https://info.aee.net/pathway-to-2050

 

  • IEEE PES (Power & Energy Society) General Meeting

期間:2018年8月5日-2018年8月9日

場所:オレゴン州ポートランド

主催者:IEEE

URL: http://www.pes-gm.org/2018/

 

  • Blockchain in Energy

期間:2018年9月11日

場所:カリフォルニア州サンフランシスコ

主催者:Greentech Media

URL:https://www.greentechmedia.com/events/live/gtm-forum-blockchain-in-energy

 

  • North America Smart Energy Week

期間:2018年9月24日から2018年9月27日

場所:カリフォルニア州アナハイム

開催イベント:Solar Power InternationalEnergy Storage InternationalSmart Energy Microgrid MarketplaceHydrogen + Fuel Cells North America

URL:https://www.solarpowerinternational.com/north-america-smart-energy-week/

 

  • VERGE 18

期間:2018年10月16日から2018年10月18日

場所:カリフォルニア州オークランド

主催者;GreenBiz Group Inc

URL: https://www.greenbiz.com/events/verge-conference/oakland/2018

 

  • California ISO Stakeholder Symposium

期間:2018年10月17日から2018年10月18日

場所:カリフォルニア州サクラメント

主催者:CAISO(California Independent System Operator: カリフォルニア州独立系統運用機関)

URL:http://www.caiso.com/informed/Pages/MeetingsEvents/StakeholderSymposium/Default.aspx