2017年9月
Date: December 12, 2017
|
Posted by:

Climate Change 【気候変動】 米国気候同盟(U.S. Climate Alliance)は、経済成長を伴ってパリ協定を達成できる見込みであると発表   米国気候同盟(U.S. Climate Alliance)は、同盟のメンバーである米国14州とプエルトリコが、パリ協定のもと米国が掲げた目標の割り当て分について、達成できる見込みであることを報告した。同イニシアチブは、トランプ政権がパリ協定を離脱したことを受けて、Cuomoニューヨーク州知事、Brownカリフォルニア州知事、Insleeワシントン州知事によって立ち上げられた。同報告のハイライトは以下の通り。 下図の通り、同盟のメンバーは、2025年までに2005年比で合計24-29%の温暖化ガス排出削減を達成する見込みである。 同盟のメンバーは、温暖化ガス削減において他の州に先行しており、他の州の2005年から2015年の間の温暖化ガス削減率が10%であったのに対し、同盟メンバーでは15%に達した。 同盟のメンバーは、同時期において強力な環境政策が経済成長に影響を及ぼさないことを示すことができた。経済生産高(economic output)は、米国の他の州がプラス12%であったのに対し、同盟のメンバーではプラス14%であった。 同盟の各メンバーは、再生可能エネルギー利用割合基準(RPS: renewable portfolio standard)を採用するとともに、エネルギー効率化プログラムを展開している。メンバーの多くはゼロエミッション車プログラム(Zero Emission Vehicles program)を導入しており、米国における電気自動車及びプラグインハイブリッド車、燃料自動車普及台数の70%以上を占めている。

Read more