2017年4月
Date: May 11, 2017
|

【政策・規制】

カリフォルニア州エネルギー委員会がクリーンエネルギー研究開発支援プログラムを策定

  • カリフォルニア州エネルギー委員会(CEC)は、EPIC(Electric Program Investment Charge)と呼ばれる3年計画のクリーンエネルギー研究開発支援プログラムを採択した。
  • 2018〜2020年において、エネルギーと気候変動対策に関する目標を達成するための技術革新と構想に対して、カリフォルニア州が年間で1億2,000万ドル以上の資金援助を実施する戦略的な実行プランとなっている。
  • 重点的に取り組む内容は以下の通り:

    • 地方政府の関与と能力強化 – CECは、地方自治体による分散型エネルギー資源や省エネ等のクリーンエネルギー技術の拡大支援を検討する。
    • エクイティ(公平さ)の重視 – CECは、低所得障壁調査(Low Income Barriers Study)に従い、EPICにおける技術実証および資金配分先の最低25%を貧しい地域にある施設へ投資することを目標とする。
    • DER(分散電源)の市場成長の実現- DER行動計画(DER Action Plan)の戦略を運用するために必要な、スマートインバーターや通信プロトコルを含むインフラ技術を促進する。
    • インテリジェントエネルギーイノベーションにおけるカリフォルニアのリーダーシップ- 連邦政府の経費削減を考慮した上で、エネルギー革新において州が競争力を保てるようにする。
    • 気候変動関連研究の支援 – CECは、連邦の政策および優先順位の変更に関わらず、気候変動に関する研究の継続とその実行を支援する。
    • IOT(Internet of Things)市場の推進 – CECは、IoTスタンダードとプロトコル開発をサポートし、グリッドに接続するデバイスに対して、資金提供を行う。

詳細は下記のリンクを参照:

http://docketpublic.energy.ca.gov/PublicDocuments/17-EPIC-01/TN217117_20170417T154500_Staff_Report_Proposed_2018_2020_Triennial_Investment_Plan.pdf

 

【エネルギー貯蔵】

San Diego Gas & Electric社が、83.5 MWの蓄電設備と4.5 MWのデマンドレスポンス対応プログラムの契約を締結

  • San Diego Gas & Electric(SDG&E)社は、合計5 MWの新しい5つの蓄電設備と4.5 MWのデマンドレスポンス対応プログラムの契約を締結したと発表した。SDG&Eが、AES Energy Storage社が建設する40MWのシステムと、Renewable Energy Systems Americas社(RES)が建設する30MWの施設の2つを所有する予定。
  • 残りの5MWのプロジェクトは、Powin Energy社、Enel Green Power North America社、Advanced Microgrid Solutions社などの第三者が所有する予定。
  • これらのプロジェクトにより、SDG&E は、CPUCが設定した2020年までに165 MWのエネルギーを貯蔵するという目標の達成と、大量の再生可能エネルギーを統合できるような柔軟性を得ることができる。
  • また、OhmConnectが運営するデマンドレスポンスプログラムによって、さらに再エネ導入の柔軟性が付加されている。SDG&Eは、デマンドレスポンスプログラムに登録した業務用の顧客に対し、特定の日および時間(最大20分間)に、エネルギー使用量を削減するよう要求することができる。

詳細は下記のリンクを参照:

http://sdgenews.com/battery-storage-clean-innovative/sdge-adds-more-storage-harness-clean-energy-and-enhance-reliability

 

 

【燃料電池自動車】

カリフォルニア州政府が燃料電池自動車と水素インフラの展開をPRするイベントを実施

  • カリフォルニア州における燃料電池自動車(FCV)の進歩とインフラの展開をPRするため、3つの州機関の代表者が、サクラメントとベイエリア間を市販のFCVで往復した。
  • カリフォルニア大気資源委員会(CARB)、カリフォルニア州エネルギー委員会(CEC)、ビジネス経済開発総局(GO-Biz)、およびカリフォルニア州燃料電池パートナーシップ(CaFCP)のメンバーが、Honda ClarityとToyota Miraiを走らせ、州都のサクラメントに戻る前にヘイワードとサンノゼにあるTrueZero水素ステーションにて水素充填を行った。
  • 州は、150万台のゼロエミッション車を路上に走らせるという2025年の目標を達成する上で、FCVが重要な役割を果たすと考えている。今後、公的支援を継続し、100の公営水素ステーションによる初期のネットワーク構築を支援する。
  • 既に48ヶ所の水素ステーションに資金提供されており、現在27ヶ所がオープンしている。さらに別の16ヶ所への資金配分が提案されており、エネルギー委員会の承認を待っている。

詳細は下記のリンクを参照:

http://www.energy.ca.gov/releases/2017_releases/2017-04-20_Bay_Area_H2_Tour_ma.pdf

 

Tesla社が急速充電ステーションの増設計画を発表

  • Tesla社は今年、世界中に設置されている同社規格の急速充電ステーション(Superchargers)を5,000基以上から10,000基以上へと2倍に増やす計画を発表した。北米では、カリフォルニア州だけでも1,000台以上が新規設置される予定で、急速充電ステーション数が150%増加することになる。さらに同社は、ホテル、レストラン、および小売店に設置されている9,000〜15,000基以上の「 Destination Charging」と呼ぶ普通充電器のネットワークをさらに拡大していく予定。

詳細は下記のリンクを参照:

https://www.tesla.com/blog/charging-our-priority

 

 

【スマートグリッド】

Southern California Edison社がGeneral Electric社が世界初となる蓄電池とガスタービンのハイブリッドシステムを発表

  • SCE(Southern California Edison)社とGeneral Electric社は、カリフォルニア州ノーウォークで世界初のバッテリーとガスタービンのハイブリッドシステムを発表した。
  • 50MWのガスタービンに、すぐに電力を供給できる10MW / 4.3MWhのバッテリーエネルギー貯蔵システムを統合することにより、迅速な起動・ランピング機能を提供することが可能となり、SCE社の再生可能エネルギー容量の増加をサポートすることができる。
  • バッテリーのエネルギー貯蔵容量は、ガスタービンが始動してから指定された出力に達するまでの十分な時間的余裕を与えることができるように特別に設計されている。
  • これにより、需要が急増したときにすぐに電力を供給するために、ガスタービンが待機モードで燃料を燃焼させたり、水を消費したりする必要がなくなる。
  • この柔軟性により、温室効果ガスの排出量と大気汚染を60%、水の消費量を45%削減することが可能で、年間200万ガロンの水を節約し、設備の寿命を延ばすことができる。

詳細は下記のリンクを参照:

http://www.genewsroom.com/press-releases/ge-and-southern-california-edison-debut-world%E2%80%99s-first-battery-gas-turbine-hybrid

 

 

【イベント・カンファレンス】

  • 10th Annual Solar Summit & 2nd Annual S3 Solar Software Summit

期間:5月16日から5月18日

場所:Scottdale, Arizona

https://www.greentechmedia.com/events/live/solar-summit-2017

 

  • En Banc on Customer Choice in Electricity

期間:5月19日

主催:The California Public Utilities Commission (CPUC) とCalifornia Energy Commission(CEC)

場所: Sacramento, CA.

http://www.energy.ca.gov/releases/2017_releases/2017-04-11_Retail_Choice_En_Banc_ma.pdf

 

  • Grid Edge World Forum 2017

期間:6月27日から6月29日

場所:San Jose, California

https://www.greentechmedia.com/events/live/grid-edge-world-forum-2017

 

  • Intersolar North America

期間:7月10日から7月13日

場所:San Francisco, California

https://www.intersolar.us/en/home.html

 

  • Electrical Energy Storage (EES) North America

期間:7月10日から7月13日

場所:San Francisco, California

http://www.ees-northamerica.com/en/home.html

 

  • Energy Storage North America

期間:8月8日から8月10日

場所:San Diego, California

http://www.esnaexpo.com/

 

  • Solar Power International

期間:9月10日から9月13日

場所:Las Vegas, Nevada

http://www.solarpowerinternational.com/