2017年2月
Date: May 8, 2017
|

スマートグリッド

  • カリフォルニア州公共事業委員会(CPUC:California Public Utilities Commission:)は、レポート「Smart Grid Annual Report」を公表した。同レポートはスマートグリッド関連技術の導入のためにCPUCと電力会社が行っている活動に関してまとめられている。同レポートの主な内容は以下の通り。
      • CPUCは、積極的、協調的かつ前向きな分散電源関連の政策を構築するため、分散電源のための課金ルールやインフラ整備・調達、市場との連携等、今後、整備すべき事項をまとめた「DERA(Distributed Energy Resources Action Plan:分散電源に関するアクション)」を採用した。
      • CPUCは、分散電源の導入促進のため、電力会社が取り組むインセンティブメカニズムの検証事業(utility regulatory incentive mechanism pilot)とその公募方法(competitive solicitation framework)を承認した。これにより、配電関連のインフラ投資を抑制したり、先送りできることが期待される。
      • CPUCは、電力網への接続ルール(Rule 21) に関して、電力網への接続工程を合理化し、接続にかかる費用をより可視化するための改定を行うことを決定した。
      • CPUCはAliso Canyon(天然ガス貯蔵所)の閉所にともなう電力の信頼性不安を解消するために、5MW分のエネルギー貯蔵システムを設置するための支出を承認した。SCE社は同様の目的で、20MW分の電力会社所有のエネルギー貯蔵システムを追加で調達した。84.5MWの調達分のうち、79.5MWについては2017年1月までに稼働が開始されている。
      • CPUCは、プラグイン電気自動車(PEV : Plug-in Electric Vehicles)向けの充電インフラの導入について、3大電力会社(IOU)毎に各々の整備計画を承認した。
      • CPUCの電力部門は、第三者のデマンドレスポンスプロバイダーの登録を開始したが、彼らは個々の小売顧客を集約し、集約された電力負荷を顧客に代わってCAISOの卸売電力市場に入札する役割を担う。

本レポートには、電力会社が算出したスマートグリッドプログラムにかかる費用と期待される効果が示されている(下表)。

2017.2.1

 

http://www.cpuc.ca.gov/uploadedFiles/CPUC_Public_Website/Content/About_Us/Annual_Reports/Smart_Grid_Annual_Report_2016_Final.pdf

 

  • IoTビッグデータを使ったユーティリティ向けIoTプラットフォームを提供するC3 IoTが、主にニューヨーク地域でユーティリティサービスを提供する大手ユーティリティCon Edison社との契約を締結した。Con Edisonとその小会社Orange & Rockland Utilities(O&R)での設備の効率化、スマートメータ監視、その顧客での省エネルギーサービスなどの顧客サービス向上に利用される。分散エネルギー資源システムプロバイダーを目指すニューヨーク州の基盤技術となる。

当該プレスリリースの詳細は以下のリンクを参照:

http://c3iot.com/utility-selects-c3-iot-big-data-predictive-analytics-platform-applications/

 

  • 米国におけるスマートシティを推進する業界団体Smart City Councilは、主催するスマートシティコンテストSmart City Readiness Challengeの優勝都市を発表した。応募自治体133の中から選定された優勝都市の5都市は、オースティン、インディアナポリス、マイアミ、オーランド、フィラデルフィアである。

当該発表の詳細は以下のリンクを参照:

http://smartcitiescouncil.com/article/meet-our-readiness-challenge-grant-winners

 

  • グリッドエッジ分野の教育、研究、標準化機関であるSEPA(Smart Electric Power Association)とSGIP(Smart Grid Interoperability Panel)が統合に向けた議論を開始。新しい組織はSEPAの名前に統合される。電力セクターでのクリーンエネルギー化に向けた業界教育、研究、標準化、エコシステム作りをミッションとする。

当該発表の詳細は以下のリンクを参照:

http://www.sgip.org/sepa-sgip-announce-intent-merge/

 

エネルギー貯蔵システム

  • SDG&E(San Diego Gas & Electric)社は、AES Energy Storage社との提携により設置を進めている、世界最大のリチウムイオン電池を組み込んだエネルギー貯蔵システムを公開した。当該システムは30MW/120MWhの規模であり、カリフォルニア州南部の継続的な電力信頼性への不安を解消するためにCPUCが要請しているエネルギー貯蔵システムの早期設置指令に応えるものである。2社はまた、すでに完了している5MW規模のエネルギー貯蔵システムの設置でも協働している。2030年までには、SDG&E社は合計330MW以上のエネルギー貯蔵システムを設置または相互接続したい考えである。

当該プレスリリースの詳細は以下のリンクを参照:

http://sdgenews.com/clean-innovative/sdge-unveils-world%E2%80%99s-largest-lithium-ion-battery-storage-facility

 

  • HECO(Hawaiian Electric Company)社とStem社は、オアフ島の29箇所の商業施設に設置された約1MWのスマートなエネルギー貯蔵システムを用いた実証実験が成功裏に終わったことを公表した。今回集約(アグリゲート)されたエネルギー貯蔵システムは、顧客の電気料金を節約する目的と、VPP(Virtual Power Plant)としてピークデマンドや再生可能エネルギーの変動性を制御することにより電力会社にリアルタイムでベネフィットを提供する目的で設置された。

当該プレスリリースの詳細は以下のリンクを参照:

https://www.hawaiianelectric.com/hawaiian-electric-and-stem-inc-successfully-test-1-mw-of-energy-storage-at-29-commercial-customer-sites

 

電気自動車

  • GM社とホンダ社は、自動車業界では初めてとなる、高度なFuel Cellシステムを量産する合弁会社を創設することを発表した。同システムは、二社が将来的に販売を予定している製品に用いられる予定である。二社は、ミシガン州で2020年に製造開始を見込んでいる同Fuel Cell工場向けに同額の出資を行い、その額は合計で$85Mにのぼる。

当該プレスリリースの詳細は以下のリンクを参照:

http://hondanews.com/releases/gm-and-honda-to-establish-industry-first-joint-fuel-cell-system-manufacturing-operation-in-michigan?page=5

 

 

再生可能エネルギー

  • CPUCは、「2016年Q4における、再生可能エネルギー利用割合基準にかかる調達の状況に関する報告書」(RPS Procurement Status Report for Q4 2016)を公表した。報告書の中では、同州の三大私営電力会社(IOU)によるRPSの調達状況が示されている。当該報告書の主要な内容は以下の通り。
    • 2016年9月1日現在の同私営電力会社による予測によると、同社は2015年を通じて、小売電力負荷のうち6%をRPS(Renewable Portfolio Standard:再生可能エネルギー利用割合基準)の要件を満たす電源から供給した。
    • 2003年にRPSプログラムが開始されて以降、15,565MW分の再生可能エネルギーが商業運転を開始した。2016年には同州に2,973MW分の再生可能エネルギーが追加され、さらに2017年中には1,045MW分が新たに商業運転を開始することになると見込まれている。

下図において、「2030年までにRPSを50%まで引き上げる」という目標を達成するために同私営電力会社が行なっている再生可能エネルギーの調達状況及び今後の見込みが示されている。

2017.2.2

本報告書の詳細は以下のリンクを参照:

http://www.cpuc.ca.gov/uploadedFiles/CPUC_Website/Content/Utilities_and_Industries/Energy/Reports_and_White_Papers/Q4_2016_RPS_Report_to_the_Legislature_FINAL.pdf

 

 

イベント・カンファレンス

  • Water Conservation Showcase 2017

日程:3月21日

主催:USGBC Northern California、PG&E(Pacific Gas & Electric)、East Bay Municipal Utility District

場所:San Francisco, CA

http://www.waterconservationshowcase.com/

 

  • Renewables Rush

日程:4月5日

場所:San Francisco, CA

内容:電力部門での環境負荷削減に関するカリフォルニア州の取り組み、およびその取り組みが電力会社や主要顧客に及ぼす影響について議論される。

http://energyevents.penton.com/renewablesrush2017/

 

  • Energy Storage Association 27th Annual Conference and Expo

日程:4月18日から4月20日

場所:Denver, CO

http://27th-annual-conference.energystorage-events.org/

 

  • 10th Annual Solar Summit & 2nd Annual S3 Solar Software Summit

日程:5月16日から5月18日

場所:Scottdale, Arizona