2016年8月
Date: September 26, 2016
|

【再生可能エネルギー】

  • ローレンス・バークレー国立研究所(Lawrence Berkeley National Laboratory)から米国における太陽光発電設置のコストのトレンドに関する2つのレポートが発表された。
  • 2015年の住宅向けの設置コストの中央値は1Wあたり20セント下がり昨年比では5%の低下であった。住宅以外の設置コストの低下は小規模システムで1Wあたり20セント(7%)大規模システムで1Wあたり30セント(9%)、電力会社向けのプロジェクトの設置コストの低下は1Wあたり30セント(12%)であった。
  • レポートではプロジェクトコストには大きなばらつきがあるとしているが、平均の設置コストは、家庭向けで$4.1/W、500kW未満の住宅以外で$3.5/W、500kW以上の住宅以外で$2.5/W、5MWの電力会社向けのプロジェクトで$2.7/Wdcであった。
  • 下図グラフは、2010年から2015年における設置コストの中央値の低下を示す。

picutre-1

 

両レポートは下記を参照:

http://newscenter.lbl.gov/2016/08/24/median-installed-price-solar-united-states-fell-5-12-2015/

 

 

【スマートグリッド】

  • カリフォルニア州の3大私営電力会社が2017年のDemand Response Auction Mechanism (DRAM)を通じて82MWの分散型エネルギー(DER:Distributed Energy Respurce)容量を調達した。
  • 2015年に始まったこの新しいプログラムによって、DERのアグリゲーターは、CAISO (*)の前日市場とリアルタイム市場において電力網の需要がピークになる時間帯に、1日最大4時間のデマンドレスポンスの入札を行うことが可能となっている。
  • GTMリサーチによる下図チャートは、それぞれの電力会社が契約したデマンドレスポンス容量と、今回のプログラムに参加するそれぞれアグリゲーターが予測する提供容量である。

* CAISO (California Independent System Operator:カリフォルニア州電力系統運用者)

picture-2

 

 

DRAMは、カリフォルニア州が柔軟性のある電力容量をよりたくさん確保するためにスタートしたプログラムであり、これは2030年までに再生可能エネルギー発電を50%にするというRPS目標達成のために増加する変動の激しい発電リソースを補完する。

 

このオークションに関する詳細情報は下記を参照:

http://www.greentechmedia.com/articles/read/californias-dram-auction-Contracts-for-82mw-of-distributed-energy-as-grid-r

 

 

【電力網計画】

  • CAISOとPacifiCorpを統合してカリフォルニア州とその他の5州で構成される広域電力網運営機関を構築するという提案が、カリフォルニア州のブラウン知事によって保留状態となった。
  • 2030年までに再生可能エネルギー発電を50%にするというSB350は2015年に州法となったが、この法律は州の関連の各機関に対して、増加する再生可能エネルギー発電を、低いコストで信頼性を向上させながら統合するための広域の電力網に関する調査を命じている。
  • 州の立法機関に対して宛てた手紙で、ブラウン州知事は下記のように述べている「SB350の要求事項を満たす移行プランに関する極めて著しい進展がISOによってなされたが、まだいくつかの重要な疑問が残っており、これらの疑問について、残りの州議会開催期間内で回答が得られるのは難しいであろう」
  • 州のエネルギー委員会(CEC)、公共事業委員会(CPUC)、大気資源委員会(ARB: Air Resources Board)とその他の関係機関は、1月に州議会で諮られるように共同で「強い提案(strong proposal)」を作成することが求められている。

 

ブラウン知事のレター全文:

http://www.caiso.com/Documents/GovernorBrownsLetterToLegislativeLeadersRegardingRegionalISOGovernance.pdf

 

 

【エネルギー貯蔵】

  • カリフォルニア州の公共事業委員会(CPUC)はSan Diego Gas & Electric (SDG&E)が提案していた2つのエネルギー貯蔵プロジェクトを承認した。
  • SDG&Eと南カリフォルニア州の他の数社の電力会社は、Aliso Canyon で発生している天然ガス漏洩による信頼性問題に対処するために、合理的プロセスを経ることによるエネルギー貯蔵容量の調達を5月に認められていた。
  • AESが30-MWと5MWの2つのリチウムイオンバッテリー施設を建設し、再生可能エネルギー発電が過剰になった時に充電し、夜間のピーク時に放電する。
  • 建設はすぐに始められ、2017年の初めに終了する予定である。

graph-1

 

SDG&Eプレスリリース:

http://www.sdge.com/newsroom/press-releases/2016-08-19/sdge-add-more-storage-improve-regional-reliability

 

  • National Renewable Energy Laboratory (NREL)は、カリフォルニア州が再生可能エネルギー発電を2030年までに50%にした場合に必要となるエネルギー貯蔵容量を検証した調査結果を発表した。
  • 研究者は、”許容可能な”太陽光発電の出力制限レベルを、PV新設にかかる増分費用を、コンバインドサイクル型発電施設の予想変動価格(2030年時点)以下、または約7セント/kWhに抑えることができるレベルとして算出した。
  • 増加する発電施設の柔軟度、デマンドレスポンス、輸出や電気自動車等の要素を考慮に入れると、高い太陽光発電比率に対応するためには、「追加で15GWのエネルギー貯蔵施設が必要になる」と、このレポートは報告している。
  • 下図グラフは、電気自動車の導入レートが下がるケースや、太陽光発電のコストが急速には下がらなかったケース等の異なるシナリオを示している。

4番目のシナリオでは、40%の太陽光発電を導入するためには10GWの新しいエネルギー貯蔵が必要であり、50%の太陽光発電を導入するためには28GWの新しいエネルギー貯蔵が必要であることを示している。

 

レポートの全文は下記を参照:

http://www.nrel.gov/docs/fy16osti/66595.pdf

 

 

【イベント・カンファレンス】

9月

  • Solar Power International,
    • 期間:September 12-15:
    • 場所:Las Vegas, NV
    • 主催:Solar Energy Industries Association and Smart Electric Power Alliance
    • 太陽光発電関連の最大のイベントの一つであり、15,000人の業界のプロフェッショナルが参加する
    • http://www.solarpowerinternational.com/
  • California Distributed Energy Summit
  • Verge
  • Transmission Summit West
  • Advanced Clean Cars Symposium: The Road Ahead
    • 期間:September 27-28:
    • 主催:The California Air Resources Board
    • 場所:Southern California.
    • このイベントでは、自動車メーカー、部品提供者、その他のクリーン自動車関連の利害関係車が集まって、代替自動車とそのインフラの技術について議論される。
    • http://www.arb.ca.gov/msprog/consumer_info/advanced_clean_cars/acc-symposium.htm

 

10月

  • Energy Storage North America
    • 期間:October 4-6:
    • 場所: San Diego.
    • 2016のカンファレンスのテーマは「北米におけるエネルギー貯蔵システムのコスト効率の良いアプリケーションのためのエコシステムの構築」
    • http://www.esnaexpo.com/
  • S. Solar Market Insight (6th annual)
  • Microgrids Convergence Conference
    • 期間:October 25-26:
    • 場所:San Mateo, CA
    • マイクログリッドとスマートシティーと先進的な交通手段とのコネクションに関するビジネスモデルについて議論される
    • http://infocastinc.com/event/microgrids-convergence/
  • Driverless Cities

 

11月

  • Distributed Solar Summit
    • 期間:November 15-17:
    • 主催:Infocast
    • 場所:Los Angeles, CA
    • 太陽光発電産業での2つの最新の話題である「エネルギー貯蔵の増加」と「太陽光発電の証券化の出現」 について議論される
    • http://infocastinc.com/event/distributed-solar-summit/

 

12月

  • S. Energy Storage Summit(second annual)