2015年2月
Date: March 16, 2015
|
Posted by:

【スマートグリッド】 カリフォルニア公益事業委員会(CPUC)は州のスマートグリッド技術普及の進捗状況を報告するスマートグリッド年次レポートを発表。この中で2014年の重要な動きや株式上場電力会社各社スマートグリッドプログラムのコストと利益及び2015年のCPUCによるイニシアチブについて議論されている。主だった点は以下。 1,325MWの蓄電調達の第一ラウンドは2015年12月に承認された。 AB327に応え、配電システムの近代化についての議案審議が開始された。 デマンドレスポンスを卸売市場でリソースとして入札する可能性を探索するため供給側デマンドレスポンスの議案が提出された。 スマートインバーターを導入するための新しい系統接続ルールが採用された。 PG&Eではスマートグリッド関連のコストが8億1600万ドルに対し得られた利益額は7900万ドル、SDG&Eではコストが1億1450万ドルに対し利益が5400万ドル、SCEではコストが1億1000万ドルに対し利益が1億8300万ドルとなった。 2015年CPUCは蓄電ロードマップの作成、電気自動車の導入拡大、デマンドレスポンスの改正、AB237電力網計画などを行う予定。

Read more