2015年1月
Date: February 11, 2015
|
Posted by:

【スマートグリッド】 連邦エネルギー規制委員会 ( FERC: Federal Energy Regulatory Commission) はEnergy Policy Act of 2005によって義務付けられている年間レポートAssessment of Demand Response and Advanced Metering Reportの第9弾を発表。このレポートでは年間のAMI (Advanced Meter Infrastructure)の普及率やデマンドレスポンスプログラムの評価についての概要が提供されている。主だった点は以下。 2011年から2012年の間に590万台のスマートメーターが設置され、先進メーターの普及は進んでいる。全体の普及率は30%。 地域送電機関(RTOs)、独立系統運用機関(ISOs)とテキサス電力信頼度協議会(ERCOT)管轄地域内におけるデマンドレスポンスによるピーク削減の可能量は2012年から2013年にかけて2,451MW増加し28,503MWとなった。 デマンドレスポンスは米国東部の地域送電機関や独立系統運用機関管轄地域において2013年後半から2014年初めにかけての厳しい冷え込みが続く中、電力予備力を維持するために重要な役割を果たした。

Read more