2014年10月
Date: November 13, 2014
|
Posted by:

【スマートグリッド】 カリフォルニアの三大株式上場電力会社はそれぞれのスマートグリッド展開計画の年間報告を発表。カリフォルニア公益事業委員会に電力網の近代化の推進を課している上院法案17に基づき、各社の状況の詳細について言及している。 PG&Eでは停電の数が過去最低を記録。停電の時間は40%削減され、停電件数も2006年と比較して27%低下している。これらは配電網600箇所近くに設置された先進自動化装置やより広いエリアの視覚化を提供するシンクロフェイザーや全世帯に配置されたスマートメーターなどのスマートグリッド技術によるものである。これらの技術の導入によって、顧客も自身のエネルギー使用により強い関心を抱くようになっており、同社顧客が時間ごとのエネルギー使用量を確認することができるポータルサイト”My Energy”は250万人以上が利用している。13万1000人以上の顧客が全米で最大規模の住宅顧客用ピーク価格プログラムである”Smart Rate”に参加している。このプログラムで2013年に合計1,500MWh以上の節電がされた。

Read more