2014年8月
Date: September 12, 2014
|
Posted by:

【スマートグリッド】 米エネルギー省は2年に一度発行されるスマートグリッドの普及、技術の進歩、スマートグリッドの今後のさらなる展開に向けての課題などについての現状報告を行うSmart Grid Systems Reportを発表。アメリカ再生再投資法(ARRA)によって資金提供を受けたプロジェクトの多くが成果を挙げており、スマートグリッドの更なる展開に貢献した。レポートの主だった点は以下。 o   2010年から2013年にかけて米国でのスマートグリッド展開にARRAからの約80億ドルを含む約180億ドルの資金が投入された。2011年の年間資金提供額は520億ドルであったが、2014年は250億ドルまで減少する。これはARRAが大規模資金を投入していたスマートメーターへの資金提供が縮小したことによる。 o   米国内では既に4600万台のスマートメーターが設置されており、2015年にはその数が6500万台まで拡大する予定。6500万台は現在使われている電力メーター全体1億4500万台の3分の1に相当する。

Read more