2014年 5月・6月
Date: July 3, 2014
|
Posted by:

【スマートグリッド】 アメリカ国立技術標準研究所(National Institute of Standards and Technology)は過去2年間におけるスマートグリッド標準策定の成果をまとめたNIST Framework and Roadmap for Smart Grid Interoperability Standards, Release 3.0の報告書案を発表。今回のレポートではワイヤレス通信が可能な電力メーターの普及拡大などのスマートグリッドインフラストラクチャの展開、グリーンボタンイニシアチブを通して消費者が自身の電力消費量の確認が可能になったこと、リモートセンシングを使ってリアルタイムの送配電状況の確認が可能になったこと、電気自動車の充電プロトコルなどのスマートグリッド関連の進捗状況などについて言及している。この報告書案の詳細は以下参照。http://www.nist.gov/smartgrid/upload/Draft-NIST-SG-Framework-3.pdf

Read more