2013年8月後半
Date: September 5, 2013
|
Posted by:

【再生可能エネルギー】 カリフォルニア公益事業委員会(CPUC)は2013年第一四半期のRPS制度に関する経過報告を発表。同州のRPS制度では2020年までに発電量全体の33%を再生可能エネルギー源で賄うことを目標としている。進捗状況は以下のとおり。 三大株式上場電力会社は2012年末までに小売電力ロードの19.6%をRPS制度に適格な電源から提供していると報告。 2013年の第一四半期までに644MW以上の新しい再生可能エネルギー発電施設が始動し、2013年末までには合計2,800MWを超える見通し。 2013年第一四半期に、株式上場電力会社はCPUCに対し108MWの再生可能エネルギー源を含む77の契約案件の審査依頼を提出。 2013年第一四半期にCPUCは226MWの再生可能エネルギーによる発電容量を承認。

Read more