NEDO SILICON VALLEY
408.567.8033

August 2013

2013年8月前半
Date: August 20, 2013
|
Posted by:

【再生可能エネルギー】 ローレンスバークレー国立研究所は米国で設置された太陽光発電システムのコストを分析する”Tracking the Sun”の年間報告書を発表。主だった点は以下。 2012年住宅用/商業用太陽光発電設備のコストは下降。10kW以下のシステムでは$0.9/W、10-100kWのシステムでは$0.8/W、100kW以上のシステムでは$0.3/Wの価格低下。中間価格を見ると10kW以下のシステムで$5.3/W 、10-100kWのシステムで$4.9/W、100kW以上のシステムでは$4.6/Wとなっている。 2013年1月から6月を見ると、California Solar Initiativeを通じて資金提供を受けたプロジェクトのコストはさらに規模によって$0.5/Wから$0.8/W下がっている。 ユーティリティ規模では固定型の結晶系モジュールを使ったプロジェクトでは$3.3/W、追尾型の結晶系モジュールプロジェクトでは$3.6/W、固定型の薄膜モジュールのプロジェクトでは$3.2/Wとなっている。 コストの低下は主にモジュールの価格低下によるもので、2008年から2012年の間に平均で$2.6/W下落している。

Read more
2013年7月後半
Date: August 6, 2013
|
Posted by:

【スマートグリッド】 カリフォルニア公益事業委員会(CPUC)は株式上場電力会社であるPG&E、SCE、SDG&Eに対し、顧客からの要請があれば第三者に顧客データを直接提供することを可能にする決定を下した。これにより、グリーンボタンイニシアチブによって利用が可能になったアプリケーションを利用しての顧客データの活用に注目が集まることが予測される。これらのアプリケーションは今後自動で顧客データをダウンロードできるようになり、顧客も自身の電力使用状況をより把握しやすくなる。http://docs.cpuc.ca.gov/PublishedDocs/Efile/G000/M071/K162/71162171.PDF

Read more