NEDO SILICON VALLEY
408.567.8033

June 2013

2013年6月前半
Date: June 18, 2013
|
Posted by:

【蓄電】 カリフォルニア公益事業委員会(CPUC)は州の三大電力会社に対し、2020年までに1,325MWの蓄電を調達するよう提案。この提案はCPUCのCarla Peterman長官によって指揮されており、蓄電議案ではこれまで調達目標の導入やその他の政策によって電力網により多くの蓄電設備を導入するための議論が続けられてきていた。この目標を達成するために、三大電力会社 (PG&E、SCE、SDG&E) は2020年まで2年ごとに入札を行い、調達量は徐々に増加する。最初のオークションは2014年に行われる予定で200MWの調達を目標としており、2016年には270MW、2018年には365MW、2020年に490MWを達成する予定。詳細は以下参照。http://docs.cpuc.ca.gov/PublishedDocs/Efile/G000/M065/K706/65706057.PDF

Read more
2013年5月後半
Date: June 3, 2013
|
Posted by:

【スマートグリッド】 カリフォルニア公益事業委員会(CPUC)は州知事と州議会にCalifornia Smart Grid Reportを提出。この中で州内電力網近代化への取り組みの現状や今後のステップなどについて言及している。主だった点は以下。 CPUCは2012年プライバシーとセキュリティーに関して議論を進めてきた。プライバシーに関する規則では適用範囲がCommunity Choice Aggregation、電力サービス提供会社、ガス顧客などにも広げられた。また、CPUCは顧客のプライバシーを保護しつつ、スマートメーターからのデータを保存するためのエネルギーデータセンターの建設を考慮中。 CPUCは電力会社に対し、顧客がリアルタイムで自身のエネルギー使用について情報を得られるよう、Home Area Networkが使えるようにすることを命じた。 アメリカ再生再投資法からの資金で大規模なスマートメーターの導入プロジェクトが進んだ。電力会社による2012年のSmart Grid Deployment Status Reportによると、スマートグリッドプログラムによって、SDG&Eでは4,000万ドル、PG&Eでは2,890万ドルの利益が出ているとのこと。

Read more
2013年5月前半
Date: June 3, 2013
|
Posted by:

【スマートグリッド】 Black & Veatch社は業界の広い範囲からのアンケート結果をまとめ、分析した年間報告書Strategic Directions in the U.S. Electric Industry Reportの中で、電気業界の課題トップ10を発表した。2013年度版では安定性 (reliability) が一番の課題と考えられているとのこと。消費者の経済的負担を最小限に抑えつつ、安定性と環境コンプライアンスのバランスの取れた投資を行う必要があるため、経済規制に関する課題が第9位から第3位へと上昇。またスマートグリッド関連の投資コストの回収に不安を感じている関係者が増えていることや、組織改革の必要性などスマートグリッド関連プログラムの実践に課題を抱えていることがわかった。報告書の詳細は以下参照。http://bv.com/reports/2013-electric-utility-report

Read more