2013年9月後半
Date: October 4, 2013
|

【スマートグリッド】

  • カリフォルニア公益事業委員会(CPUC)は三大株式上場電力会社におけるデマンドレスポンスプログラムの拡大についての議案を提出。この中で現在のデマンドレスポンスプログラムを見直し、需要サイドと供給サイドの二つのプログラムに分けるべきか否かを検討する。また電力会社によって調達されるリソースをカリフォルニア独立系統運用機関(CAISO)市場に入札することも検討されており、そうなればデマンドレスポンスに関して競争性の高いメカニズムができることになる。詳細は以下参照。http://docs.cpuc.ca.gov/PublishedDocs/Published/G000/M077/K151/77151993.PDF

 

【省エネ】

  • 米国エネルギー経済協議会(ACEEE)は全米で最も人口が多い34の都市の省エネ政策についてランキングを発表。100点満点で、交通政策、地方政府の運営政策、地域社会のイニシアチブ、建築物に関する政策、エネルギーや水道についてなどを基準に評価した。ボストンが最高得点の76.75点を獲得し、ポートランド、ニューヨーク、サンフランシスコ、シアトル、オースティンが続き、各都市とも60点以上の評価を受けている。これらの結果に基づき、ACEEEは各都市の評価を高めるためには省エネ目標を設定すること、地方政府の運営の効率化や施設でのエネルギー効率を上げること、建物による省エネについての政策の実施、電力会社や水道会社と提携して省エネプログラムを拡大することなどが有効だと述べている。詳細は以下参照。http://aceee.org/files/pdf/summary/e13g-summary.pdf

 

【再生可能エネルギー】

  • 国立再生可能エネルギー研究所(NREL)は2020年に大量の風力発電と太陽発電を導入した際、天然ガス発電所のサイクリング(必要に応じて運転を開始・停止すること)が電力網に与える影響についての報告書を作成。サイクリングによる炭素放出の増加は再生可能エネルギー源の導入拡大によって削減される炭素放出と比べて些細なものであることがわかった。サイクリングを行うことで発電設備に負荷がかかるため、メンテナンス及び修理などにかかるコストが3500万ドルから1億5700万ドルが追加でかかると予測されるが、サイクリングによって削減される燃料コストは70億ドルにもなるため、結果として大幅なコスト削減が可能になるという試算になった。詳細は以下参照。http://www.nrel.gov/docs/fy13osti/55588.pdf
  • 国立再生可能エネルギー研究所(NREL)は太陽光発電システムの“ソフトコスト”(機器関連でない設置許可や電力網への接続、機器の設置にかかるコスト)を削減するためのロードマップを提供するレポートを発表。太陽光発電業界の調査からのデータや半導体業界における戦略などを活用している。このロードマップは米エネルギー省のサンショットプログラムが目標としている住宅用システムで$0.65/Wまで、商業用システムで$0.44/Wまでのソフトコストの削減を2020年までに達成するための支援を目的としている。レポートの詳細は以下参照。http://www.nrel.gov/docs/fy13osti/59155.pdf
  • カリフォルニア公益事業委員会(CPUC)は州のネットメータリングプログラム関連のコストを試算した報告書を発表。このプログラムでは、太陽光発電システムを持つ顧客が電力会社に余剰の電力を売ることで、電気代を下げることができる。今回の調査で、ネットメータリングに参加している消費者によって参加していない消費者は2020年までに年間11億ドルの負担を強いられるようになることがわかった。2012年末までに三大株式上場電力会社ではネットメータリングに参加している顧客を15万抱えており、その電力容量の合計は1,300MWである。この報告書の調査によると、ネットメータリングに参加している家庭の年収の平均は$91,000で、カリフォルニア州全体の平均である$54,000をはるかに上回っているとのこと。http://www.cpuc.ca.gov/NR/rdonlyres/BD9EAD36-7648-430B-A692-8760FA186861/0/CPUCNEMDraftReport92613.pdf

 

【電気自動車】

  • 電気自動車の充電ステーションメーカーであるEcotalityは破産申請をし、今月資産の競売を行う。同社は2009年に電気自動車プロジェクトのため米エネルギー省から一億ドル近くを受け取ってり、米国主要都市に充電ステーションネットワークを展開した。これらの設置された12,500の充電器が今後どのように扱われるかの詳細は不明である。. http://www.reuters.com/article/2013/09/17/us-ecotality-bankruptcy-idUSBRE98G1E720130917

 

【カンファレンス、ワークショップなど】

  • North American Synchrophasor Initiative (NASPI): 10月22日-10月24日 (イリノイ州ローズモント)米エネルギー省のSmart Grid Investment Grantによって資金提供を受けたシンクロフェイザー関連プロジェクトに関する報告を行うミーティング https://www.naspi.org/calendar

 

 

2013 Utility Wind Integration Group Fall Technical Workshop: 10月29日-10月31日 (オレゴン州ポートランド) 電力会社のシステムへの太陽発電、風力発電の導入とその接続について、米国やその他各国の状況を交えながら議論するhttp://variablegen.org/newsroom/#!/5183/uvig-fall-2013-technical-workshop