2012年11月後半
Date: December 26, 2012
|
Posted by:

【電気自動車】 カリフォルニアエネルギー委員会(CEC)はAlternative and Renewable Fuel and Vehicle Technology プログラムの2013-2014年の投資計画の草案を発表。下院法案118によってつくられたこのプログラムは化石燃料使用の削減、代替燃料の生産の増加、輸送手段による温室効果ガス排出の削減などに貢献できる技術の開発と展開に資金を提供する。2013-2014年の投資計画の主な点は以下。 バイオ燃料の生産に2300万ドル EV充電インフラ整備に700万ドル 燃料電池車両のインフラ整備に2000万ドル 地域ごとの代替燃料受け入れ計画に100万ドル 2013-2014年全体での予算総額は1億ドル この投資計画草案の詳細は以下参照。: http://www.energy.ca.gov/2012publications/CEC-600-2012-008/CEC-600-2012-008-SD.pdf カリフォルニアエネルギー委員会(CEC)は燃料電池自動車(FCV)の水素供給インフラ展開のために資金提供を行うと発表。この資金2800万ドルはAlternative and Renewable Fuel and Vehicle Technology プログラムの2011-2012年、2012-2013年の予算から提供され、2015年に燃料電池自動車の商業化を目指す。各プロジェクトの総予算の65%、あるいは150万ドルのどちらか低額な方を資金提供の上限とする。予算のうち300万ドルが100%再生可能水素を供給できる燃料ステーションの配備のために確保されている。プロジェクト申請の締め切りは2013年1月17日。この資金提供に関する詳細は以下参照。http://www.energy.ca.gov/contracts/PON-12-606/PON-12-606.pdf   【スマートグリッド】 カリフォルニア公益事業委員会(CPUC)は州のエネルギー政策の向上や省エネの推進に向けて新しい市場機会を作り出すべく、消費者の電力利用についての情報を一カ所に集めて管理し、公開できるよう電力データセンターの設立を提案する報告書を発表。匿名の消費者を特定できないようなスマートグリッド関連のデータ(スマートメーターからのデータやデマンドレスポンスプログラムに関する情報など)を現状よりも入手しやすくする狙い。このデータセンターでは個人情報を含むデータも取り扱う予定で、それらはCPUCと秘密保持契約(NDA: Non -disclosure Agreement)を結んだ公共機関にのみ公開されるとのこと。報告書の詳細は以下参照。http://www.cpuc.ca.gov/NR/rdonlyres/8B005D2C-9698-4F16-BB2B-D07E707DA676/0/EnergyDataCenterFinal.pdf 米国電気電子学会(IEEE)は世界中のスマートグリッド事業に関わる人々に対し、蓄電、分散電源とマイクログリッドがスマートグリッド技術の普及にどのような影響を与えるかについてアンケートを実施した。主立った結論は以下。 R&Dプロジェクトや実証実験への資金提供を行うことは経済効率の良いスマートグリッド技術を開発するために不可欠である。これらのプロジェクトにより電力会社や電力消費者が最良のビジネスケースや最善のスマートグリッドの実践方法を見つけることが可能になる。 ヨーロッパは分散電源やマイクログリッドに関して世界の先頭に立っており、北米は蓄電技術の先導者である。この報告書では今後次世代のエネルギーシステムの開発・展開にあたって、これらの地域を参考にすると良いと述べている。 エネルギー管理システム(EMS: Energy Management System)、配電管理システム(DMS: Distribution Management System)とコミュニケーション技術の三点が分散電源、マイクログリッドと蓄電の技術を実用化するために最も重要であると判断された。また、アンケートに協力した人々はクラウドを使ったアプリケーションが市場で優位に立つであろうと予測している。 この報告書 Power Systems of the Future: The Case for Energy Storage, Distributed Generation, and Microgridsの詳細は以下参照。http://smartgrid.ieee.org/images/features/smart_grid_survey.pdf 【政府・地方自治体からの補助金関連】 […]

Read more