NEDO SILICON VALLEY
408.567.8033

November 2012

2012年6月前半
Date: November 21, 2012
|
Posted by:

【スマートグリッド】 Zpryme社は大型公共事業リカバリーアクトから資金提供を受けたスマートグリッドベンターの上位20を発表。これらの企業は経済復興予算(ARRA)全体で提供された9億6000万ドルの12%をSmart Grid Investment Grant(SGIG)とSmart Grid Demonstration Program (SGDP)を通じて受け取っている。上位20社は以下の通り。http://smartgridresearch.org/smart-grid/top-20-smart-grid-vendors-by-arra-award-total-amount/     1 Itron $304,828,804 2 Trilliant Networks $99,494,396 3 GE $98,668,171 4 Honeywell $60,932,262 5 Landis+Gyr $56,222,792 6 Accenture $53,955,271 7 Copper Power Systems $48,680,230 8 Sensus $43,319,354 9 Elster $42,305,647 10 IBM $42,261,054 11 S&C Electric Company $39,431,504 12 Alcatel Lucent $38,664,493 13 BSC […]

Read more
2012年5月後半
Date: November 21, 2012
|
Posted by:

【スマートグリッド】 Institute for Electric Efficiency (IEE) によると、米国では2012年5月時点で3600万台、全家庭の約3分の1にスマートメーターが設置されたとのこと。2015年までに6500万台、全家庭の約半分に普及する見通し。カリフォルニアの民間電力会社3社、Pacific Gas & Electric (PG&E)、San Diego Gas & Electric (SDG&E)とSouthern California Edison (SCE)を含む多くのユーティリティが2012年末までにスマートメーターの配備を完了するとしている。http://www.edisonfoundation.net/iee/Documents/IEE_SmartMeterRollouts_0512.pdf     カリフォルニア公益事業委員会(CPUC :California Public Utility Commission)は2011年12月にパブリックグッズチャージの期限切れをうけて作成された電力プログラム投資課税(EPIC: Electric Program Investment Charge)のフレームワークを発表。このプログラムは2013年から2020年まで毎年1億6200万ドルをクリーンエネルギーテクノロジー分野に提供する。カリフォルニア州の民間電力会社3社の顧客へ利益を提供することを目的に、カリフォルニアエネルギー委員会が資金の80%を管理し、20%を電力会社が管理する。http://docs.cpuc.ca.gov/PUBLISHED/NEWS_RELEASE/167287.htm   5月17日NEDO新エネルギー・産業技術総合開発機構はニューメキシコ州アルバカーキにてメサデルソル、PNM、サンディア国立研究所、ニューメキシコ大学と協力して進めているマイクログリット実証プログラムの運開式を行った。7250平方メートルのアパチャーセンターで様々なテクノロジーを使用し、デマンドレスポンス、ピークロードマネジメント、停電時のアイランドモードなどを可能にする。このプロジェクトでは50kWの太陽光発電システム、80kWの燃料電池、240kWの天然ガス発電装置、160kWの蓄電装置とBEMSを採用。http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100122.html   PJM(アメリカ北東部独立系等運用機関)は容量オークションで新規発電、デマンドレスポンス、省エネリソースの記録的な調達を行った。2015年から2016年で4900MWの発電容量を基本価格1MW $136で確保。デマンドレスポンスからは14,833MW、省エネリソースからは923MWを調達した。http://www.pjm.com/~/media/about-pjm/newsroom/2012-releases/20120518-pjm-capacity-auction-secures-record-amounts-of-new-generation-demand-response-energy-efficiency.ashx   350Green社はカリフォルニア州のパロアルト市、スタンフォードショッピングセンターに初の公共高速充電器を設置した。このCHEdeMO方式レベル3の充電器では30分でフル充電が可能。同社はサンフランシスコベイエリアに同様の充電器をさらに24カ所設置する計画を発表した。http://350green.com/wp-content/uploads/2012/04/First-fast-charger-in-CA-installed-350Green.pdf   電気自動車充電器の製造会社ECOtalityはNRG社とカリフォルニア公益事業委員会(CPUC :California Public Utility Commission)との州内に充電器を設置するという合意に対し訴訟を起こした。NRG社はカリフォルニア電力危機における同社の責任を取る形で充電ステーションの設置に合意していた。ECOtalityはこの合意の締結はカリフォルニア公益事業委員の権限を越えたものであり、NRG社がカリフォルニア電力危機の際に市場を独占したことへの処罰ではなく褒賞を与えることになってしまうとしている。. http://www.ecotality.com/media/press-releases/ecotality-files-lawsuit-to-halt-illegal-california-puc-agreement/   【電気自動車】   【蓄電】 KEMA社とサンディア国立研究所によって開発されたEnergy Storage SelectまたはES Selectと呼ばれる様々な蓄電技術を分析し、個別の状況にどう組み込むことができるかを判断するツールが発表された。高レベルの分析を提供するべく、財政的、技術的な不確定要素を統計分布で示す。このソフトウェアは公共に無料で提供されている。詳細は以下参照。http://www.sandia.gov/ess/esselect.html   ローレンスバークレー国立研究所(LBNL: Laurence […]

Read more
2012年5月前半
Date: November 21, 2012
|
Posted by:

【スマートグリッド】 GTMリサーチから発表されたレポートによると中国、日本、韓国を合わせたスマートグリッド市場は現在85億ドル規模であり、2016年までには190億ドルまで拡大する見通し。中国がこの市場の70%を占めており、日本が20%、韓国が10%を構成している。また、このレポートでは日本の原子力発電所の運転停止により、デマンドレスポンス、家庭用エネルギーマネジメントシステム、スマートメーターの導入等が加速化するであろうと言及されている。http://www.greentechmedia.com/research/report/smart-grid-in-asia-2012-2016/   米国連邦エネルギー規制委員会(FERC: Federal Energy Regulatory Commission)と北米信頼度協議会(NERC: North American Electric Reliability Corporation)は2011年9月8日に発生し、アリゾナ州、南カリフォルニア、メキシコの顧客270万世帯に影響を与えた南西部停電についてのレポートを発表した。レポートでは、状況把握が的確にされなかったことと電力網の運転計画が不完全であったことが、送電線の一つが機能しなくなった原因だとしている。このことを受け、レポートではオペレーターに対しそれぞれの管轄範囲外のオペレーターに対しても情報を提供し、オペレーター間のコミュニケーションの活性化を図り、シンクロフェイザーなどリアルタイムの情報を提供できるツールを活用し、状況把握をより速やかに行えるようにするべきだと述べている。http://www.ferc.gov/legal/staff-reports/04-27-2012-ferc-nerc-report.pdf   PG&E はカリフォルニア州公益事業委員会(CPUC:  California Public Utilities Commission)にスマートメーター導入によって可能になったデマンドレスポンスと省エネプログラムについてのレポートを提出した。ピーク時価格プログラムでは参加した顧客23,000世帯で1戸あたり13%の電力使用量の減少が認められた。デマンドレスポンスプログラムでは平均して5.6MW需要を減少させることに成功した。またウェブサイトで自身の電力使用についてのデータを見ることができた顧客は1%から3%電力使用を減らす傾向にあったと述べている。http://docs.cpuc.ca.gov/EFILE/CF/165732.PDF   Echelon社は自社の制御モジュールとソフトウェアを搭載したメーターを商品化するべく、アジア各国の主要メーター製造会社と提携することを発表。このモジュールは既存の電力メーターをスマートメーターに変えるOpen Smart Grid Protocol (OSGP) に対応している。Echelon社と提携しているのはアメリカ三菱電機、韓国のVIDCOM,マレーシアのComintelと中国のHolley Metering。http://www.echelon.com/company/news-room/2012/meter-manufacturers-adopt-OSGP-standard.htm   アメリカ電力研究所(EPRI: The Electric Power Research Institute)はインバーターの一般的な機能に関してのレポートを発表。このレポートはインバーターの利害関係者とインバーターの機能と共通プロトコルについて2009年から協議してきた結果をまとめたもの。この成果はNISTを含む国内外の技術標準研究施設にも提供されている。http://my.epri.com/portal/server.pt?Abstract_id=000000000001023059富士電機アメリカ社は自社の交流充電ステーションをCoulomb Technologies社のクラウドベースの Charge Point Networkに統合すると発表。富士電機の25kW充電設備はCHAdeMO方式でフル充電にかかる時間は60分となっている。アメリカ国内で今年中にリリースされる予定。http://www.coulombtech.com/pr/news-press-releases-2012-0501.php   カリフォルニアエネルギー委員会(California Energy Commission)は2012-2013年の代替及び再生可能燃料と自動車関連技術プログラムへの投資計画の最新版をを採択した。この計画ではバイオ燃料開発への2000万ドル、EV充電ステーション開発への750万ドル、製造施設への2000万ドル、労働者研修への250万ドルと地域ごとの計画への300万ドルを含む1億ドルの投資が行われる予定。http://energy.ca.gov/2012publications/CEC-600-2012-001/CEC-600-2012-001-LCF.pdf   アウディ、BMW、クライスラー、ダイムラー、フォード、ジェネラルモーターズ、ポルシェとフォルクスワーゲンがロサンゼルスで開催された電気自動車シンポジウム26でシングルポートの高速充電器を発表した。この充電システムの技術標準に関しては今夏に国際自動車技術協会によって公表される見込み。商業用充電設備は2012年末には発売され、この技術に対応した自動車は2013年に販売開始予定。http://media.gm.com/media/us/en/gm/news.detail.html/content/Pages/news/us/en/2012/May/0503_combocharging   【電気自動車】   【電気料金体系及び政府・地方自治体からの補助金関連】 Coulomb Technologies社はBraemar Energy Ventures、 Kleiner Perkins […]

Read more
2012年4月後半
Date: November 21, 2012
|
Posted by:

【スマートグリッド】 カリフォルニア公益事業委員会(CPUC: California Public Utilities Commission)は州の民間電力会社3社ににスマートグリッドへの投資の効果について年一回報告書を提出するよう義務付ける仮決定をした。CPUCは以下の項目を含む19の評価基準を設定している。 機能不全のスマートメーターの数 時間帯別料金及びダイナミックプライシングを利用している顧客の数 スマートメーター関連の苦情の数 電気自動車充電のために時間帯別料金システムに加入した顧客の数 送電/配電レベルに連結している蓄電の量 顧客当たりシステム全体で1年間に停電があった時間(分)数 この決定の原案の詳細は以下参照。 http://docs.cpuc.ca.gov/EFILE/PD/162118.pdf 米国土木学会(ASCE: The American Society of Civil Engineers)は「Failure to Act: The Economic Impact of Current Investment Trends in Electricity Infrastructure」と題して電力関連のインフラへの投資の動向とそれが経済にどう影響するかというレポートを発表。その中で現状から考えると2020年までに電力網への投資が1,070億ドル不足するだろうと予測している。その不足分のうちの90%は配電、送電のインフラに関わるもの。http://www.asce.org/uploadedFiles/Infrastructure/Failure_to_Act/SCE41%20report_Final-lores.pdf 南カリフォルニアエジソン社は今夏新しいデマンドレスポンスプログラムを設けたいとCPUCに申請した。この「10for10」と呼ばれるプログラムは消費者が10%の節電に成功すると請求額に対して10%分のクレジットを受け取ることができるようになるというもの。このプログラムは現在のサンオノフレ原子力発電所の運転休止を受けて、夏の電力消費に向けての対策として考案された。同発電所は微量の放射能漏れが確認された今年1月から運転を休止しており、米国原子力委員会(NRC: The Nuclear Regulatory Commission)は原因が究明され対策が取られるまで運転再開を認めないとしている。http://www.edison.com/files/042712_news2.pdf 米国国家規格協会(ANSI: The American National Standards Institute)は米国内での電気自動車の普及を促すべく「電気自動車のための標準化ロードマップ」を発表した。このレポートは電気自動車とそのインフラに関する標準、コード、規制などについて言及する。このロードマップは現状の問題点を明らかにし、その解決に向けての推奨案も提供している。なお、急速充電についてはChedemoに言及しつつ、ハーモナイゼーションが必要と指摘するにとどまっている。 http://publicaa.ansi.org/sites/apdl/evsp/ANSI_EVSP_Roadmap_April_2012.pdf 【電気自動車】   【電気料金体系及び政府・地方自治体からの補助金関連】 Brookings InstitutionとBreakthrough Instituteはクリーンテック分野における連邦政府の歳出を分析し、政府からの補助が減少傾向にあることで業界全体が不振に陥る可能性があるとの警告をレポートで発表。2009年から2014年の5年間で歳出は440億ドルから110億ドルへ、75%減少する見通し。レポートの中で、クリーンテック分野での歳出が安定するよう、連邦政府によるエネルギー政策が必要であると言及している。http://www.brookings.edu/~/media/Files/rc/papers/2012/0418_clean_investments/0418_clean_investments_final%20paper_PDF.pdf   【市場情報 企業買収、新規株式公開など】 アリゾナ州に本拠地を置くFirst Solar社は事業の再構築を行うと発表。ヨーロッパの市場状況やコストの削減が必要であることに言及し、同社は2012年第4四半期にドイツにある工場の閉鎖、マレーシアにある製造ラインの無期限休止、従業員を30%削減する計画を立てている。これらの対策により今年度は3,000万から6,000万ドル、来年度から年間1億ドルから1億2,000万ドル支出を減少させることができ、1ワット当たりの製造費も2012年時点での0.74ドルから2013年には0.6ドルから0.64ドルまで下げることが可能になる見通し。http://investor.firstsolar.com/releasedetail.cfm?ReleaseID=664717 燃料電池会社であるBloom Energy社は新しい製造施設をデラウェア州に建設中。サンフランシスコベイエリアに拠点を置くこのベンチャー企業は新しい顧客の獲得が進む中で、製造ラインの拡大に乗り出す。Bloom […]

Read more
2012年4月前半
Date: November 21, 2012
|
Posted by:

【スマートグリッド】 Lux Researchによると電力向け蓄電の世界市場は2017年には1,135億ドルまで拡大する見通し。市場シェアの上位3カ国はアメリカ(23%)、日本(18%)、中国(18%)となっている。http://www.smartgridobserver.com/n4-11-12-1.htm   エネルギー先端研究プロジェクト庁(ARPA-E: Advanced Research Project Agency- Energy)は蓄電関連のイノベーションを促進するべく、4,300万ドルの資金を2つのプログラムに提供した。蓄電装置の先進的管理及び保護に関するプログラム(AMPED)に3,000万ドル、中小企業イノベーション研究プログラム(SBIR)と中小企業技術移転プログラム(SBTT)  に併せて1,300万ドルを投入。. http://arpa-e.energy.gov/media/news/tabid/83/vw/1/itemid/53/arpa-e-issues-$43-million-for-transformational-energy-storage-research-projects.aspx   停電が起こった場合にも8時間電力を供給し続けることができるマイクログリッドがカリフォルニア州ダブリン市にあるサンタリタ刑務所に作られた。このChevron Energy Solutionsによる1,170万ドルのプロジェクトではソーラーパネル、1MW規模の燃料電池を使用したコージェネレーションプラント、風力タービンと蓄電設備を使用しクリーンエネルギーを提供する。4,000人ほどの服役囚を持つこの刑務所では、このプロジェクトによって年間の電気料金を10万ドルほど削減できる見通し。http://www.chevronenergy.com/news_room/default.asp?pr=pr_20120322.asp   消費者権利擁護局(DRA: Division of Ratepayer Advocates)は南部カリフォルニアエジソン社(SCE: Southern California Edison)のスマートメーター配備プロジェクト進捗状況についてのレポートをカリフォルニア公益事業委員会(CPUC: California Public Utility Commission)に提出した。その中で、このプロジェクトにかかる費用がCPUCが事前に承認した16億3,000万ドルを大幅に上回る50億ドルに達するとしている。このことで、SCEのビジネスケースに提案されていた電気料金レートの低下などの消費者へのメリットの実現は難しいであろうとDRAは予測している。http://www.dra.ca.gov/uploadedFiles/Content/Energy/Management_and_Conservation/Smart_Meters/SmartMeterSystemDeploymentReportMar2012FinalDraft_wcover_Public.pdf    

Read more