2012年5月前半
Date: November 21, 2012
|

【スマートグリッド】

  • GTMリサーチから発表されたレポートによると中国、日本、韓国を合わせたスマートグリッド市場は現在85億ドル規模であり、2016年までには190億ドルまで拡大する見通し。中国がこの市場の70%を占めており、日本が20%、韓国が10%を構成している。また、このレポートでは日本の原子力発電所の運転停止により、デマンドレスポンス、家庭用エネルギーマネジメントシステム、スマートメーターの導入等が加速化するであろうと言及されている。http://www.greentechmedia.com/research/report/smart-grid-in-asia-2012-2016/
  •  

  • 米国連邦エネルギー規制委員会(FERC: Federal Energy Regulatory Commission)と北米信頼度協議会(NERC: North American Electric Reliability Corporation)は2011年9月8日に発生し、アリゾナ州、南カリフォルニア、メキシコの顧客270万世帯に影響を与えた南西部停電についてのレポートを発表した。レポートでは、状況把握が的確にされなかったことと電力網の運転計画が不完全であったことが、送電線の一つが機能しなくなった原因だとしている。このことを受け、レポートではオペレーターに対しそれぞれの管轄範囲外のオペレーターに対しても情報を提供し、オペレーター間のコミュニケーションの活性化を図り、シンクロフェイザーなどリアルタイムの情報を提供できるツールを活用し、状況把握をより速やかに行えるようにするべきだと述べている。http://www.ferc.gov/legal/staff-reports/04-27-2012-ferc-nerc-report.pdf
  •  

  • PG&E はカリフォルニア州公益事業委員会(CPUC:  California Public Utilities Commission)にスマートメーター導入によって可能になったデマンドレスポンスと省エネプログラムについてのレポートを提出した。ピーク時価格プログラムでは参加した顧客23,000世帯で1戸あたり13%の電力使用量の減少が認められた。デマンドレスポンスプログラムでは平均して5.6MW需要を減少させることに成功した。またウェブサイトで自身の電力使用についてのデータを見ることができた顧客は1%から3%電力使用を減らす傾向にあったと述べている。http://docs.cpuc.ca.gov/EFILE/CF/165732.PDF
  •  

  • Echelon社は自社の制御モジュールとソフトウェアを搭載したメーターを商品化するべく、アジア各国の主要メーター製造会社と提携することを発表。このモジュールは既存の電力メーターをスマートメーターに変えるOpen Smart Grid Protocol (OSGP) に対応している。Echelon社と提携しているのはアメリカ三菱電機、韓国のVIDCOM,マレーシアのComintelと中国のHolley Metering。http://www.echelon.com/company/news-room/2012/meter-manufacturers-adopt-OSGP-standard.htm
  •  

  • アメリカ電力研究所(EPRI: The Electric Power Research Institute)はインバーターの一般的な機能に関してのレポートを発表。このレポートはインバーターの利害関係者とインバーターの機能と共通プロトコルについて2009年から協議してきた結果をまとめたもの。この成果はNISTを含む国内外の技術標準研究施設にも提供されている。http://my.epri.com/portal/server.pt?Abstract_id=000000000001023059富士電機アメリカ社は自社の交流充電ステーションをCoulomb Technologies社のクラウドベースの Charge Point Networkに統合すると発表。富士電機の25kW充電設備はCHAdeMO方式でフル充電にかかる時間は60分となっている。アメリカ国内で今年中にリリースされる予定。http://www.coulombtech.com/pr/news-press-releases-2012-0501.php
  •  

  • カリフォルニアエネルギー委員会(California Energy Commission)は2012-2013年の代替及び再生可能燃料と自動車関連技術プログラムへの投資計画の最新版をを採択した。この計画ではバイオ燃料開発への2000万ドル、EV充電ステーション開発への750万ドル、製造施設への2000万ドル、労働者研修への250万ドルと地域ごとの計画への300万ドルを含む1億ドルの投資が行われる予定。http://energy.ca.gov/2012publications/CEC-600-2012-001/CEC-600-2012-001-LCF.pdf
  •  

  • アウディ、BMW、クライスラー、ダイムラー、フォード、ジェネラルモーターズ、ポルシェとフォルクスワーゲンがロサンゼルスで開催された電気自動車シンポジウム26でシングルポートの高速充電器を発表した。この充電システムの技術標準に関しては今夏に国際自動車技術協会によって公表される見込み。商業用充電設備は2012年末には発売され、この技術に対応した自動車は2013年に販売開始予定。http://media.gm.com/media/us/en/gm/news.detail.html/content/Pages/news/us/en/2012/May/0503_combocharging
  •  

【電気自動車】

 

【電気料金体系及び政府・地方自治体からの補助金関連】

  • Coulomb Technologies社はBraemar Energy Ventures、 Kleiner Perkins Caufield & Byers、 豊田通商と Rho Venturesから合わせて4750万ドルの資金を確保したと発表。同社はEV充電ステーションのCharge Point Networkを含む業務拡大を計画している。http://www.coulombtech.com/pr/news-press-releases-2012-0507.php
  •  

【市場情報 企業買収、新規株式公開など】

 

【法規制関係】

  • カリフォルニア州議会議員ロイス・ウォーク氏がコミュニティーごとの再生エネルギー発電プログラムに関する議案SB843を提出。このプログラムによって消費者がコミュニティーで共有され、ユーティリティから独立している再生エネルギー発電設備を所有することができるようになる。不動産の制約や経済的な理由により発電設備を所有できない消費者にも再生エネルギーの利用を促すのが狙い。消費者はこの発電設備からの使用電力分をクレジットとして受け取り、ユーティリティからの請求書の支払いに充てることが可能になる。http://www.leginfo.ca.gov/cgi-bin/postquery?bill_number=sb_843&sess=CUR&house=B&author=wolk
  •  

 

【再生エネルギー】